下取車査定料


ディーラーでの下取りをされる方が多いワケですが

ディーラーは下取車査定料って?



1台7000円~1万円
が相場と言われていますね。


ちょっと待ってください!!!
下取車査定料を払うなんてもったいないです。


車買取店に査定依頼すると?
車査定料なんて無料なんです。


で、愛車の車査定の概算を
把握してからでも遅くないです。

そこで【こちら】

かんたん車査定ガイド


必要項目を入力すると
まず、ご自身の愛車の概算がすぐ表示されます。

愛車の概算を把握する上で何社か?
車査定を車買取店に何社か依頼してください。

出張でかつ無料で査定してくれますので
欲しいリアルタイムの概算を入手できるワケです。
車査定料は無料です。


おすすめしたい選択肢が2つあります



①ディーラーの下取りは行わず
 一番高値をつけてくれた車買取店に売却する


↑が最もオーソドックスな方法で
下取車査定料は払う必要がなくなりますし
高値で売却できる車買取店に売却して
その後に新車購入の資金(頭金)にする。



②ディーラーへの下取り前に
 一番高値をつけてくれた車買取店の査定額を
 下取り査定したディーラーに提示して
 買い替える新車の値引き引き出す。



↑は、交渉テクニックです。
普通にディーラーに
下取車査定してもらうと?
新車購入しない場合
>1台7000円~1万円の下取車査定料が請求されます。

ほぼ安い査定額が出るワケです。
※最悪処分量まで請求されるケースも(10年超えなど)

でも、実際には中古車市場では
ニーズがあり
きちんと値段がつく車は非常に多いのです。


ディーラーとしては
最新のモデルの車種は値引きはほとんどできないワケです。

そこで?新車の値引きを引き出すのに?
ご自身の愛車の下取り額を上げてもらう
交渉を行うのです。

おそらく、いち営業マンで決済できないので
決裁権を持つ上司に相談になり

値引き10万円が限界な
最新の人気車種であっても?

30万円の値引きとか
100万円の値引きとか

っていう口コミなをみる理由でもあります。
※愛車の査定額によりますが。
といった形になります。


なんでディーラーは下取車査定料車査定が有料?




ディーラーとしては
新車は販売するのが目的なのです。

下取車査定料で稼ぐワケではない。

新車購入された方の場合は
下取車査定料は無料
になるのです。

お得感の演出だと思って良いでしょう。
※当然、鑑定士の人件費もかかってますので。


そういったワケで、
ディーラーで愛車を車査定してもらって
有料にしておく必要があるワケです。

また、1台7000円~1万円の
下取車査定料を払うのは抵抗感もあるでしょう。

ならば?下取りに出してしまおう・・・。
↑というのが多数派のようです。



でも、せっかくなら?
愛車を高く評価してくれるようにした方が
新車購入の際に良いのではないか?


新車の買い替え時には
ご自身の愛車の概算を
きちんと把握されるのをおすすめしたいですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。